RECOMMEND

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< デス重セットげっとですぅ | main | ハイジやヴぇえ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
守破離

メキシコ油田事故ですが流出が止まらないみたい。

メキシコ湾原油流出、英BPが破損油井に蓋設置=米沿岸警備隊 ロイター

確か事故は4/20くらいでしたっけ。あれから漏れっぱなしな訳です。

BP/ハリバートン(英国)が開発を依頼し、トランスオーシャン(スイス)が掘削機の所有とオペレーターを担当、キャメロンInternational Corp(米国)が掘削機のバルブや油圧関係の部品メーカーとなって現代重工業(韓国)が 掘削機の製造したという多国籍開発。賠償問題も複雑そう。

下の写真は事故の写真です。

もっと詳しい内容と写真を見たい方は↓です。

http://www.cargolaw.com/2010nightmare_deep_horizon.html

と言う事でかなり酷い事故で未だに流出は止まってませんね。蓋をしたという報道も効果があるのかどうかは未だ不明らしい。

で、ソ連ではガス田事故かなんかの時に核爆弾で流出を止めたとか何とか。当時のソ連だけに信憑性はあるものの汚染とかどうなるんだよと。昔、ソ連ではそんな実験もしてたんですねぇ。セミパラチンスク核実験場とう場所があって核の平和利用と言う名目で一定期間成人男子を放射能汚染地域に住まわせてみたり、核爆弾で湖を作ってみたりと恐ろしい事してますねぇ。

ちなみにこの湖は安全だよ!というアピールをするために魚を泳がせたりシュノーケリングさせたりした映像を公開してたらしい。



1991年にはこの実験場は閉鎖されてているらしいですが、当然未だに放射能残ってます。

恐ろしいと言えば亀田妹モデルデビューするらしいんですが、恐ろしいけどどうでもいいです。

怖くなったんでこれでも見て下さい。



話は全くぶっ飛びます。

「守破離」という言葉があります。”しゅはり”と読むんですが武道でよく使われる言葉でしたっけ。物事を習得する上での段階を三つに分けた言葉です。

「守」最初の段階では、指導者の教えを守っていきます。できるだけ多くの話を聞き、指導者の行動を見習って、指導者の価値観をも自分のものにしていきます。学ぶ人は、すべてを習得できたと感じるまでは、指導者の指導の通りの行動をします。そして、指導者が「疑問に対して自分で考えろ」と言うことが多くなったら、次の段階に移っていきます。いわゆる「学ぶ」段階。

「破」 次の段階では、指導者の教えを守るだけではなく、破る行為をしてみます。 自分独自に工夫して、指導者の教えになかった方法を試してみます。 そして、うまくいけば、自分なりの発展を試みていきます。

「離」最後の段階では、指導者のもとから離れて、自分自身で学んだ内容を発展させていきます。


仕事でもこの段階を踏むんですが決められた方法を忠実に守る人と、自分で考えて方法を工夫してやる人、と2つのタイプが居ます。前者には守る理由を明確に、後者には目的をしっかり叩きこむ事が必要です。

会社では言いなりの状態にしておきたいときは、異動を積極的にやり「守」の段階にとどめさせておくのが大事を考えるそうです。

でも優秀な奴は成長が早いから、上に上らすか勝手に独立してくでしょう。


うちの会社の喫煙室がいっつも汚れてるんです。何度も注意するんですが。自分も掃除を毎日するのはご免こうむる話しなんですがちゃんとしてればそうそう掃除する事も無いわけです。

・出たゴミをすぐに捨てる

・汚したらそこだけ綺麗にする

これだけでも随分と綺麗になります。全体的に汚れて行くのは時間の経過とともに防げないんでこういうのは期間をおいて掃除すればいいんです。

身の周りが汚い人はこういうことが出来てないんですね。机上が小奇麗な人はこういう事が出来てる人ですが異常に綺麗な人は仕事せずに掃除してる人です。


ダーク・ナリス | [雑記]独り言 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









trackback URL of This Entry
http://darknarice.jugem.jp/trackback/1456
Trackback